矯正治療・矯正装置が痛い時の対処法

【 矯正治療・矯正装置が痛い時の対処法 】

 

諫早ふじた歯科・矯正歯科の藤田です。歯科矯正中は歯や歯茎が痛いと感じることがあります。歯が動いていますので、何もないはずはないとご理解ください。ただし、個人差がありますので一概には言えません。歯を人為的に移動させる歯列矯正において、避けては通れない症状といえます。ただ、矯正中の歯や歯茎の痛みは、いろいろな方法で対処・緩和することが可能です。今回はそんな矯正で痛い時の対処法についてわかりやすくご説明します。

インビザライン 諌早ふじた歯科 歯医者

▼装置が当たって痛い時

 

ブラケットや矯正用ワイヤーがお口の粘膜に当たって痛い時は、まず担当医に相談しましょう。そうした痛みの多くは、装置を調整することで改善できます。装置の性質上、どうしても痛みを取り除けない場合は、粘膜を刺激している部分にワックスを設置したり、レジンなどで丸みを着けたりすることが可能です。その方法については担当医と相談して決めましょう。

 

▼矯正力で痛い時

 

矯正装置によって歯を移動させる時の力で痛みが生じている場合は、ある程度まで我慢する必要があります。どのような矯正法においても、少なからず痛みが生じるからです。ただ、許容範囲を超えるような痛みが生じている場合は、まず鎮痛剤などを飲みましょう。また、歯をあまり刺激しないよう、固いものを食べるのは避けてください。矯正装置に異常がなければ、数日で痛みも軽くなります。

 

それでもなお痛みが続く、あるいは痛みが強くなる場合は、矯正装置や歯・歯茎の異常が疑われますので、すぐに担当医に連絡しましょう。歯髄炎などを引き起こしてしまっている可能性も否定できません。

 

▼まとめ

 

このように、矯正治療中に痛い時は、まず何が原因なのかを冷静に考えてみましょう。装置が粘膜に当たって痛いのか、矯正力が強すぎて歯や歯茎に過剰な負担がかかっているのかで、対処の方法も大きく変わります。どちらか判断できない場合は、すぐに歯科医院に連絡することをおすすめします。歯科医院側も急患の扱いで、迅速に対処してくれることでしょう。痛みを我慢しすぎると、さらに大きなトラブルに発展しかねないため要注意です。

諫早ふじた歯科・矯正歯科の治療費に関してはこちら

諫早ふじた歯科・矯正歯科の矯正に関してはこちら